--- 日本の美しい風景を撮るのが楽しみ!---

風 景 観

白鳥が目の前を行きました。(撮影2016年10月30日)


5D3Y5202_1610a.jpg


  1. 写真撮影
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

木曽路の帰りは、駒ヶ根市の 「かんてんぱぱガーデン」 でいつもの 「ソースカツ丼」 を食し、食後に庭園を散策、ダイモンジソウが咲いてました。旬は少し過ぎたようですがなかなか見られないので撮影しました。
「ダイモンジソウ」は花弁が大の字に似ていることからこの名になっているようです。ピントが甘いですね(苦笑)
(撮影日2016年10月20日 長野県駒ヶ根市かんてんぱぱガーデン)


5D3Y4347_1610a.jpg


  1. 写真撮影
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

王滝までの横谷渓谷沿いには数多くの滝があります。そのうちの三ヶ所です。(撮影2016年10月24日 長野県茅野市)

屏風岩(氷瀑)

5D3Y4842_1610a.jpg

  1. 写真撮影
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

開田高原「木曽馬の里」、後方は御嶽山です。 (撮影日2016年10月20日 長野県木曽郡木曽町 開田高原)

「木曽馬の特徴」・・・胴長短足:平均体高は133cm / お腹が大きい:粗食に耐える大きな盲腸 / 蹄が堅い:蹄鉄のいらない蹄 / 斜尻:蕎麦の実のかたちのお尻 / 太く短い首と耳 / 人には優しい性格:人々と共に歩んできた気質 / 意外と頑固:日本人体質? / 主人には忠実:ご主人の言うことは聞く / X脚:後肢がX状になっていて坂道が得意・・・以上です。


IMG_9761_1610a.jpg


  1. 写真撮影
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

王滝は、蓼科高原横谷渓谷にあり、高さ40m幅18mの滝です。(撮影2016年10月24日 長野県茅野市)
12時頃でもあったのですが、滝と紅葉との明度差がかなりありましたが滝に陽が射していなかったのが救い?

15年ぶりの王滝は、横谷温泉郷の方から渓谷沿いにダラダラ登っていき汗だく、かなりへばりました(泣)


5D3Y4775bg_1610a.jpg


  1. 写真撮影
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

好きな光景です。(撮影日2016年10月20日 長野県木曽郡大滝村)


IMG_9742_1610a.jpg


  1. 写真撮影
  2. / trackback:0
  3. / comment:2
  4. [ edit ]

朝霧が、ちょっと濃すぎました。

自然湖は、地震により王滝川が土砂で埋まり、川が堰きとめられてできた天然の湖です。
湖面からは数多くの立ち枯れ神秘的な風景です。(撮影 2016年10月20日 長野県木曽郡大滝村)


5D3Y4157bg_1610a.jpg


  1. 写真撮影
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

今回は残念でしたが2009年撮影の朝景色です。
ここ高ボッチから富士山までは直線距離にして約100キロメートル、左には八ヶ岳、右には南アルプス、そして、雲海の下には諏訪湖がある景勝地で、富士山の見える人気の撮影スポットです。


IMG_3833bg_0912a.jpg


  1. 写真撮影
  2. / trackback:0
  3. / comment:4
  4. [ edit ]

高ボッチ高原の続きです。鉢伏山麓と行く途中に光芒が射していました。
(撮影 2016年10月18日 長野県 岡谷市・塩尻市)

今回は、高ボッチ人気の富士山遠望は残念な結果でした(泣)


IMG_9571_1610a.jpg


  1. 写真撮影
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

高ボッチ高原、鉢伏山麓の晩秋景色です。 (撮影 2016年10月18日 長野県 岡谷市・塩尻市)


IMG_9615_1610a.jpg


  1. 写真撮影
  2. / trackback:0
  3. / comment:2
  4. [ edit ]

撮影の合間の休憩です m(_ _)m

「七色大カエデ」 一本の木が方角または枝により色づく時期がズレルため、紅葉し始めの頃は七色になるのでこのように呼ばれています。
樹齢250年高さ11m直径15mの大樹。
カエデの大きさは人との比較でお判りと思います。
近年は見物客が多いため人が入らない撮影は昼夜とも困難です(泣)


色づきのクライマックスです。 (撮影2010年11月6日 長野県池田町大峰高原)

IMG_3625bg_20101106.jpg

  1. 写真撮影
  2. / trackback:0
  3. / comment:4
  4. [ edit ]

木戸池の後は高山村の 「雷滝」 です。
過去、ここを数回通りかかったことはありましたが今回、初めてたちよりました。

水量が多い落差落差30メートルの豪快な滝で、音と水しぶきが凄いです。
滝の裏側からみる事ができるため、別名 「裏見の滝」 と呼ばれているそうです。

5D3Y3302b_1610a.jpg


  1. 写真撮影
  2. / trackback:0
  3. / comment:2
  4. [ edit ]

渋峠から草津方面にを少し流した後、志賀高原方面に引き返し時間的に遅いかなあ~と思いながら「木戸池」に行ってみました。
(撮影日2016年10月6~7日)
木戸池で撮影後、渋峠方面に少し戻り高山村に向かいました。


志賀高原 「木戸池」 (10月7日7時40分)


5D3Y3230bg_1610a.jpg


  1. 写真撮影
  2. / trackback:0
  3. / comment:2
  4. [ edit ]

星空に続いて、渋峠国道最高地点の朝景色です。(撮影日 2016年10月7日)
昨夜から今朝にかけての霧と寒気では霧氷でもつくのではと期待しましたがそう美味くは行きませんでした(笑)


眼下の「芳ヶ平湿原」と、右前方の草津温泉。(5:41)

5D3Y3150bg_1610a.jpg

  1. 写真撮影
  2. / trackback:0
  3. / comment:2
  4. [ edit ]

日本全国の国道でも最も標高が高い地点(標高は2172m )の「渋峠」の星空です。(撮影日 2016年10月7日)

未明から撮影する予定でしたので車中泊で夕刻よりスタンバイしてましたが、強風と寒さがひどくこの写真の時間まで霧に覆われ、冬着のうえ寝袋に入ってましたが寒すぎて眠れませんでした(泣)・・・北海道は初雪が降ったようで寒いわけだ!
朝、フロントガラスは凍り付いて削り取るほどでした。

この寒さは冬の星座を撮るには絶好?の日でした~。 寒かった~(笑)


4時40分、日の出1時間前、空が白んできました。(日の出5時33分)
冬の星座たち、オリオンが白根山の上空に輝いてます。左側の街明かりは草津温泉です。

IMG_7336bg_1610a.jpg

  1. 写真撮影
  2. / trackback:0
  3. / comment:2
  4. [ edit ]

雨模様の「八島ヶ原湿原」、朝日が雲と霧の合間から僅かに射していました。
(撮影日2016年9月30日)


5D3Y2700_1609a.jpg


  1. 写真撮影
  2. / trackback:0
  3. / comment:2
  4. [ edit ]

前回の「大滝」に行くとき、この苔むした原生林を通って行きます。
(撮影日2016年9月30日)


5D3Y3034_1609a.jpg


  1. 写真撮影
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

蓼科高原の「大滝」です。(撮影日2016年9月30日)
「滝壺に差し込む光」と「滝の流れ」が同じ角度になっていたのは幸運でした!


5D3Y2970bg2_1609a.jpg


  1. 写真撮影
  2. / trackback:0
  3. / comment:4
  4. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

プロフィール

ノース

Author:ノース
日本の美しい風景を撮るのが楽しみ!
信州人です。

リンクフリーです。

YouTube動画 「日本の風景 その美しい瞬間 vol.1 」
※ このYouTube動画を、当ブログ紹介の一端としてご視聴ください。

風景観カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

QRコード

QR

« 2016 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -