--- 日本の美しい風景を撮るのが楽しみ!---

風 景 観

今まで、星空TimeLapse撮影は「5DMKⅡ」で行っていた。
「6D」に買い替え、これを機に、バッテリーグリップを加え、さらに、スマートフォンに「EOS Remote」をダウンロードし、リモート撮影ができるようにしました。
この新兵器を使った「星空TimeLapse撮影」をした感想です。
一言でいうならば、「もっと早く使えばよかった」(笑)

星空のTimeLapse撮影は、ワンシーンの撮影時間が連続2時間~4時間。撮影の途中で止めてバッテリー消耗度や星の位置が画面から外れてはいないか確認していました。
この撮影は、バッテリーの消耗が早く、特に冬はなおさらです。またメインとなる星が画面から外れていないか大変気になります。失敗したりすると寒い中、眠い中、長時間の撮影が無駄に終わり、他の撮影に比べてがっかり度が強いです。
今回の買い替えでこれらの問題点すべてが一挙に解決されました!
バッテリーグリップには2個のバッテリー、スマートフォン画面には撮影された画像がリアルタイムで表示されていきます。予定の被写体が画面から外れてしまったときには、撮影を中断して確実に修正でき、中断の必要がないのにしてしまったということがなくなりました。

「Wi-Hi機能」を使い、6Dとスマートフォンを無線接続します。ただし届くのは20m以内です。
【6Dの初期設定】 6Dのmenu → Wi-Hi機能 → スマートフォンと通信 → カメラアクセスポイント(以下続く)を予め設定しておきます。
【スマートフォン】には「EOS Remote」をインストールておきます。
これで初期の設定・準備は一度しておけばあとは撮影の都度下記の手順です。

撮影に入る際に、
1.6Dの「menu」→「Wi-Hi」→「使う」 にして、
2.スマートフォンにインストールした「EOS Remote」を起動し、「カメラ接続」 をタッチししばらく待つと「カメラと接続しましたcanonEOS6D」 と表示されます。


5D3Z1279rm_m.jpg

  1. 写真撮影
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

プロフィール

ノース

Author:ノース
日本の美しい風景を撮るのが楽しみ!
信州人です。

リンクフリーです。

YouTube動画 「日本の風景 その美しい瞬間 vol.1 」
※ このYouTube動画を、当ブログ紹介の一端としてご視聴ください。

風景観カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

QRコード

QR

« 2014 02  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -